現役バス指導員による運転の仕方

現役バス指導員による運転の仕方

運転とは何かを考えていきたいと思います。

バスの運転手 昔の運転手は酷かったw

現役バス指導員による運転の仕方 - にほんブログ村
時代が違うのだけども、私が入社した頃の運転手は凄かった。

何が凄かったかというと、よく働きよく遊ぶという時代。

今みたいに飲酒検知もないし、マイクすら使っていなかったw

私が入社した頃から改革が始まりガラッと変わり、それについて来れない運転手はやめていった。

私が入社した頃の大先輩たちの時代は、運転手は強かった。

私が子供の頃のバスの運転手のイメージはヤクザw

今は全く違いますけどね。

その頃の運転手といったら回送中にタバコは吸うし、酷い人なんて免許が失効していた人もいた。

免許のチェックすら点呼でしてなかったという。そもそも点呼すらまともにしてなかったw

土日になると営業運転でイヤホンで競馬を聴いてる人もいた。酷いw

世間的にも飲酒にうるさくなかった時代でアル中の先輩もいた。

今では考えられない。

しかし、運転はべらぼうに上手かった。今では私は指導員になったけど、あの頃の先輩たちの運転に追いついた気がしない。それくらいインパクトがあった。

バスを手足のように軽々と運転しているのを初めて見た時はビックリした。

もちろん私も普通以上には運転出来てたと思うけど、次元が違ったイメージがある。

まあ、思い出は膨らむものだけど。

昔の彼女は可愛かったみたいなw

まあ、そんな時代もあり、景気もよく、そんな運転手でも会社は儲かっていた。

しかし、不景気になると、それでは会社もやっていけなくて、ガラッと変わったという。

振り返ってみるといろんなことがあったと思う。

よく続けてこれたな、過ぎてみると早いなと思うけど、これもひとえに仲間が良かったからだと思う。

感謝。