現役バス指導員による運転の仕方

現役バス指導員による運転の仕方

運転とは何かを考えていきたいと思います。

バスの運転手 定期的に事故をする人の運転

事故や苦情を頻繁に貰う人がいますが、これって成長しない人であり、人のせいにする人。

人のせいにするから、改善しようとせず同じ事を繰り返す。

で、たびたび事故のする人の運転するバスに乗りますが、基本的に下手です。

最近も乗りましたが、その人は「アクセルのオンオフが多い」これによりガクガクした走りで乗り心地が悪い。

「目視をちゃんとしていない」本人はしているつもりだけども、チラッと見るだけ。

「信号を見るタイミングが遅い」これにより強いブレーキで止まる。

少しあげただけでもこれだけあります。

もともとセンスがないとも言えるけども、それでも何とかしないといけない。

けど、言っても治るものでもない。そもそも治る人なら自分で改善出来るもので勝手に成長していきます。

自分はなんで下手なんだろうと気づく。

他の人のを見て、どうすればああいう運転が出来るのか試す。

頻繁に事故、苦情を貰う人は自分は間違ってない、相手が悪いと考える為に、自分が下手なんて考えもしません。

それでも指導員は注意し続けます。その場では直りますけどね...。またこれが暫くするとダメになるんだ(o´д`o)

バスの運転手 トラブル

 

tfm-plus.gsj.mobi

 

このニュースを見て共感してしまいました。

 

バスの中で起きること、それを全て運転手のせいにしてくる人、会社にクレーム入れてくる人...

 

自分の身を自分で守れないのかな?と思います。電車でもそうですね。

 

私は電車通勤ですが、隣に人がいるのが嫌なら座りませんし、混んでる時間帯をズラします。

 

2台バスが連なってるのに、混んでる方のバスに乗ってきて不機嫌な顔をして密だと言ってくる人もいます。

 

...空いてる後ろのバスに乗ればいいのに...行き先一緒なのに...と思います。

 

自分に起きた事を人のせいにする人はダメですね~。人に自分の命を任せてる。

 

もうひとつ、この記事で、「人の言動が気になったら、自分がやばいとき」と。これは優秀な人ですね。

 

人は自分が不幸だったりすると、他人の粗を見つけて些細なことでも注意したりキレたりします。バスの中だと高齢の爺さんに多いです。

電車でもそうですが、優先席に座ってる爺さんが、他の高齢者がきたとき優先席に座ってる若者に「席を譲れ!」と注意していました。正義のヒーロー気取りですね。けど、その若者は内部障害持っていた(優先席は高齢者専用ではありません)。

そんなのも分からずに頭ごなしに注意してるんですね。

それで恥をかいてる爺さんもいました。

 

自分はしっかり座ってる。お前が譲ればいいじゃねーか!と言われてる爺さん。

 

爺さんとしてはいいことして認められたいという気持ちなのかもしれません。しかし他人の粗探しをして認められたいというのはズレてますね。

 もっと大きな心をもち若者の手本になってほしいです。

最近は若者の方がしっかりしてますね。

 

バスの運転手 技術を争う大会

白バイ隊員の技術大会みたいなのを見たことがある人もいるかと思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=wVST3_Yu_Zo

 

実はバスでもあります。年に一回です。私も大会に出場したことがあります。これは点検のテストから始まり、コースを回る技術、学科テストの総合点となります。

 

点検は、どこかに不備がありそれを見つけねばなりません。私の時はスモールレンズが切れていました。簡単だった(^^♪

 

技術は、坂道発進、方向転換、鋭角、S字、踏切、クランクなど、免許を取るときと同じです。しかし久しぶりすぎて戸惑いました(^^;

 

で、あとは学科テストですね。学科は大型二種専用です。しかし交通ルールって知らぬ間に変わっていて、新しく勉強しなおさないとついていけない・・。私が免許を取った時には中型免許なんてありませんでしたからね。

 

そんなこんなで緊張しながら終了し、さいごは表彰されます。運よく優勝し賞金を頂きました。各営業所の代表が出てくるので、結構緊張感あるんです。ヘマできないし、プライドありますしね。

 

そういえば時間もあります。なので、ゆっくりしすぎでは制限オーバーしてしまいますしね。

 

でも、たまにはこういう刺激もいいものです。終わった今そう思います。普通の人では体験できないことですからね。初心に戻れるのもいいと思います。

 

バスの運転って楽しいんですよ、これは他の仲間でもそういっていますし、何十年たってもそうですね。楽しいからって適当ではいけませんけどね。神経を使って一つ一つ丁寧にです。

 

上達のポイントは、一つのコースを走り終えたら、いま自分が走ってきて、どこか失敗はなかったか思い出し確認することです。自分で自分に点数をつけるんです。

 

もう一つ面白いのが、上手い人って初心者から見てると気楽に運転しているように見えるかもしれませんが、初心者より全然神経使い、気を付けているんです。ただ無駄がないのとポイントを押さえているので適当に見えてしまうかもしれません。

 

それを入社したての新人が真似をすると事故をするわけです。新人でうでもないのに本当に適当にやったらそりゃ事故に合います。慣れたころに事故を起こすのはそういう調子に乗るからです。上手くなったつもりでいる。

 

バスって簡単じゃん、俺って上手い!なんて勘違いするんです。

 

先輩たちはその新人とは腕が全く違います。はるかかなたにいるのにです。でも気付かないんですね。

 

ポイントは上手い人ほど、気を付けているという単純なことなんですね。

バスの運転手からのお願い(コロナウィルス)

今現在コロナウィルス予防として、運転席のとこにはビニールを垂らしています。
コンビニとかと同じですね。

ここで一つお願いですが、ビニールはカーテンと違うので覗き込んで定期を見せるとか、また「お願いします」なんて丁寧に言ってくれるお客様もいます。

けど、覗き込まなくて大丈夫ですw  お願いします。

あと、今は梅雨の時期で窓を開けたり閉めたりが運転手だけでは難しく、お客様に任せているとこがあります。

けど、急な大雨時でも窓が思い切り空いてる時があります。椅子がびしょびしょで使えなくなります。

降りる時に全部窓を閉めなくてもいいので、全開で開けたままにしておくのは御遠慮頂きたいです。

その都度、営業中に運転席から離れられないので。高齢者などは窓まで手が届かないので車内で雨に降られてますw

スムーズな運行にご協力をm(_ _)m

バスの運転手 昔の運転手は酷かったw

時代が違うのだけども、私が入社した頃の運転手は凄かった。

何が凄かったかというと、よく働きよく遊ぶという時代。

今みたいに飲酒検知もないし、マイクすら使っていなかったw

私が入社した頃から改革が始まりガラッと変わり、それについて来れない運転手はやめていった。

私が入社した頃の大先輩たちの時代は、運転手は強かった。

私が子供の頃のバスの運転手のイメージはヤクザw

今は全く違いますけどね。

その頃の運転手といったら回送中にタバコは吸うし、酷い人なんて免許が失効していた人もいた。

免許のチェックすら点呼でしてなかったという。そもそも点呼すらまともにしてなかったw

土日になると営業運転でイヤホンで競馬を聴いてる人もいた。酷いw

世間的にも飲酒にうるさくなかった時代でアル中の先輩もいた。

今では考えられない。

しかし、運転はべらぼうに上手かった。今では私は指導員になったけど、あの頃の先輩たちの運転に追いついた気がしない。それくらいインパクトがあった。

バスを手足のように軽々と運転しているのを初めて見た時はビックリした。

もちろん私も普通以上には運転出来てたと思うけど、次元が違ったイメージがある。

まあ、思い出は膨らむものだけど。

昔の彼女は可愛かったみたいなw

まあ、そんな時代もあり、景気もよく、そんな運転手でも会社は儲かっていた。

しかし、不景気になると、それでは会社もやっていけなくて、ガラッと変わったという。

振り返ってみるといろんなことがあったと思う。

よく続けてこれたな、過ぎてみると早いなと思うけど、これもひとえに仲間が良かったからだと思う。

感謝。

バスの運転手 ボーナス 総額が去年より多いのに手取りが去年より少ない・・

ボーナスが出ました。といっても、去年と大して変わらずです。だけど、ここで疑問が出ました。

f:id:shasin130:20200702230327j:plain

 

去年より少し昇給したために総額はやや多いのですが、手取りが去年より少ないのです(´;ω;`)ウゥゥ

で、何が多く引かれているのだろうと見てみると、「所得税」でした。しかも3万も多く引かれている・・。

 

で、なんで?と思い調べてみると、ボーナス前の月に多く残業をしているとそれに伴いボーナスも多く引かれるようです。

 

でも、年間ではちゃんと合うように年末調整で多く引かれた分は戻ってくるということなので気にしなくてよいとのことです。

 

あ~、びっくりした(^^;

 

※コロナで前々月の残業が殆どなかったので、先月は頑張ったのでした

バスの運転手 将棋 囲碁

今回は少し雑談を。

私が入社した頃、定年間近の先輩たちは将棋や囲碁をする人が多かったです。

私もそれに混じらせて貰い将棋を教えて貰った事を思い出します。

おかげさまでアマではかなり強い方までなりました。大会などで優勝したこともあります。

でも今は将棋や囲碁をする人が少ないですね~。

会社の将棋部も潰れそうな勢いです。

さて、なぜこんな話しをしてるかというと、プロの将棋が本日やってまして、「棋王戦」ですね。

藤井聡太君という高校生が強いということでメディアに取り上げられ、最年少タイトルを取れるかどうかという戦いがやっていました。

相手は現棋王の「木村先生」です。この方は40過ぎて初タイトルを去年取りました。

棋風は「受け将棋」です。

これ、カッコイイんですよ。卓球でも、攻めをことこどく受けるカットマンがいますよね。そんな感じです。

でも受け将棋って難しいんですよ。1つ受けを間違えると大差で負けてしまう。

その紙一重のとこで勝つのがカッコイイんですけどね。

で、今日の結果は若手の挑戦者、藤井聡太君の勝利です。

しかし、ネット上ではかなり盛り上がりました。

最後まで木村先生の受けが妙手で1つ間違えれば藤井聡太君の負けになるとこです。

しかし、一つも間違えずに勝利した藤井聡太君は凄いです。

そして木村先生も凄いです。

この戦いを見ていて、やはり先輩たちに将棋を教えて貰ってよかったなと再確認出来ました。

今は定年してしまった先輩たちですが、改めて感謝です。